落ちた方がよい

落ちた方がよい

公開日:2021/04/27

塾の中3男子、お母さん、

私の3名で面談をしました。

 

この生徒は、私からすると、

「やる気」のある生徒です。

 

お母さんがいる前で、

私は生徒に伝えました。

 

 

「高校受験で、

落ちた方がよい」

 

 

最初に、この生徒には

「やる気」があると書きました。

 

私は、やる気がありすぎる生徒は、

逆に「あぶない」ということを

知っています。

 

絶対に合格しなければいけない。

 

そのように、

肩に力が入っている生徒は、

受験までのプロセスでも、

受験でも力を発揮できません。

 

私は生徒に質問をしました。

 

 

「失敗しても良いことがあります。

それは、なんだと思いますか?」

 

 

最初、生徒は、

何も答えられませんでした。

 

それから、一緒に考えました。

 

失敗する価値を。

 

対話を繰り返す中、

生徒は、答えてくれました。

 

 

「失敗しても

良いことがあるって

わかりました!

 

弱さを知ることで、

強くなれるのですね!」

 

 

私が生徒に願うことは、

合格ではない。

 

挑戦だ。

 

挑戦した結果であれば、

どのような結果になったとしても

価値のある結果になる。

お問い合わせ

下記の各項目へのご記入をお願い致します。

    お子様のお名前
    ふりがな
    性別
    学校名
    学年
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    ご要望

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。