2つの発達◯◯

2つの発達◯◯

公開日:2020/12/14

志学ラボ、塾長の渡辺悠希です。

「発達障害」と「発達特性」という2つの言葉。

 

私は、前者の言葉は使わずに、

後者の言葉を使った方がよいと考えています。

 

発達障害」とは、大きくは、次の3つです。

①ADHD(うっかりミスが多い、落ち着きがない)

②ASD(人間関係が苦手、こだわりが強い)

③LD(読み書き計算が苦手)

 

上記のカッコの中の特徴は、

多かれ少なかれ、誰にでもあるものです。

 

そして、平均よりも下の場合に、

障害という言葉を使っているに過ぎません。

 

また、すべてが平均の人間など、

この世界に一人もいません。

 

誰にでもあるのであれば、

その人の特性として捉える。

発達特性」という言葉を使った方がよい。

 

私は、そのように考えています。

 

 

ここで、「発達障害」と「発達特性」、

両方に入っている「発達」という言葉について。

 

発達」とは、

人間が誕生してから死ぬまでの

心身、および、社会的な

「成長」のことを指します。

 

発達の特性によっては、

成長する「イミング」が人によって異なります。

また、「どれくらい」成長するかも異なります。

 

そして、これらは、

努力」とは別の側面があります。

 

こうしたことから、

私は塾生の親御さんに、

次のように伝えています。

 

「お子さんのことは、

受験までの期間ではなく、

5年、10年、

さらに長期的な視点で、

見守ってください」

 

 

私の場合は、

話す能力、書く能力が高まったのは、

20代中盤からです。

 

30代になってから

できるようになったことも、

たくさんあります。

 

そして、死ぬまで

できるようにならないことも、

たくさんあるでしょう。

 

それでも私は、

多くの人の力を借りて

楽しく生きています。

お問い合わせ

下記の各項目へのご記入をお願い致します。

    お子様のお名前
    ふりがな
    性別
    学校名
    学年
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    ご要望

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。