開塾3周年

開塾3周年

公開日:2019/07/04

7月4日は、志学ラボの誕生日。

 

記念日というのは、ありがたい。

振り返りをできるし、

新たな出発の日になるから。

 

今回は、

 

「独白」

 

というスタイルで文章を書く。

 

 

僕は、昨年から感じていた。

塾が、うまく行っていることへの

 

「危機感」

 

・塾の仕事は楽しい

・生徒と保護者との関係もよい

・定員による生徒募集の停止

・問い合わせがあっても断るという現状

 

これらは、ありがたいことではあるが、

自己成長を止めてしまいかねない。

より大きな貢献への扉を

閉ざしてしまいかねない。

 

「小成は大成の敵」という意味だ。

 

そんな危機感から、今年の4月から、

社会起業大学(ビジネススクール)で、

夫婦で学んでいる。

 

 

開塾記念日の7月4日、

社会起業大学の田中学長に

面談をして頂いた。

 

その面談で与えられた言葉。

 

 

「 怒り 」

 

 

僕は、周りから

「いい人」と思われている。

 

僕は、よく聞かれる。

 

「渡辺さんは、怒ることないんですか?」

 

僕は怒ることは少ない。

 

その本質は、

「自分を抑圧している」

ということ。

 

僕が10代の頃、兄が警察に

お世話になるような人だったから、

僕は「いい人」でなければならなかった。

 

そうやって、自分を縛った。

 

それが、今に至るまで続いている。

 

↑ここに書いたのは、

わかりやすいストーリー。

これだけでなく、

もっと自分に向き合う必要がある。

 

 

「いい人をやめよう」

 

(やめられるかな)

 

 

「人間になりたい!」

 

(これは、大学生の頃にも思っていた。

 あなたは人間らしいですよ、

 そんな言葉を聞きたいんじゃない)

 

 

「喜怒哀楽のある人になりたい!」

 

(怒りがないんじゃない、

 怒りを抑圧している。

 だから、他の感情も中途半端だ)

 

 

「まだまだ、こんなものじゃない!」

 

 

「もっとバカになれ!」

 

 

僕のメンターの一人、

ネルソン・マンデラの言葉が、

今、胸に響く。

 

” ONE OF THE MOST

DIFFICULT THINGS IS

NOT TO CHANGE SOCIETY

– BUT TO CHANGE YOURSELF. “

 

「最も難しいことの1つは、

 社会を変えることではありません。

 あなた自身を変えることです」

 

 

自分を変える挑戦。

 

その挑戦こそが、

 

世界を変える挑戦だ。

 

 

最後に、感謝の気持ちを。

 

僕を生み育ててくれた

父と母に感謝。

 

妻の父と母に感謝。

 

毎日、僕を支えてくれる

妻と息子に感謝。

 

3年前は、生徒数0だった教室。

これまで通ってくれた、

そして、今、通ってくれている

生徒と親御さんに感謝。

お問い合わせ

下記の各項目へのご記入をお願い致します。

お子様のお名前
ふりがな
性別
学校名
学年
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

ご要望

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。