小話:二人の大工

小話:二人の大工

公開日:2016/09/09

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ac-300x216

塾で生徒に、「二人の大工」という小話をしました。

 

・・・

 

二人の大工がいました。

二人は、夏の暑い日差しの中、

汗を流しながらレンガの家をつくっていました。

 

この二人に、自分の仕事について聞いてみました。

 

ひとりは、言いました。

「仕事だから、仕方なくやっています。」

 

もうひとりは、次のように言いました。

「この家に住む家族が50年後、100年後も、

喜んで住めるような家をつくっています。」

 

この二人は、レンガを積み重ねるという同じことをしています。

 

それでは、この二人は、何が違うのでしょうか?

 

・・・

 

上の問いかけをすると、生徒は答えてくれます。

 

「何のためにやっているのかが違う。」

 

この小話は、「何のために」という

目的が大切だという小話です。

 

しかし、それだけではありません。

続きがあります。

 

生徒に、次のように話しました。

 

・・・

 

もちろん、「何のために」という目的が

明確な方がよいのは確かです。

 

しかし、二人の大工とも、

家を建てるという結果を残すことはできます。

 

これを勉強の話に置き換えると、

勉強に気持ちが乗らなかったとしても、

勉強を「やる」ことで結果を出すことができます。

 

「何のために」という目的も大切だし、

「やる」という行動も大切。

どちらも大切なんです。

 

・・・

 

私は生徒たちに、

「何のために」という学習の質と、

「やる」という学習の量、

両方を高めるサポートをしています。

 

学習の成果は、で決まります。

 

お問い合わせ

下記の各項目へのご記入をお願い致します。

お子様のお名前
ふりがな
性別
学校名
学年
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

ご要望

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。