母さんのコロッケ

母さんのコロッケ

公開日:2016/09/10

%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b1

 

上のタイトルの喜多川泰先生の小説を読みました。

 

フィリピン英語留学で知り合った大学生から、

 

「母さんのコロッケ、読んでみてください☆

私の中では主人公が渡辺さんと重なりました」

 

というメッセージをもらいました。

 

こう言われたからには、読みますよ(笑)

それに、5年前に買って、

読まずに本棚に眠っていた本でしたし。

 

以下、読んでみての感想です。

 

・・・

 

主人公は、脱サラして塾を立ち上げました。

子どもたちの「生きる力」を育てるという

理想を持っている主人公です。

 

現在と過去、家族4代に渡る物語でした。

 

私の命があるのは、親祖先のおかげ。

そのように、感謝の想いを強く持ちました。

 

以下は、本の帯に書いてある言葉であり、

小説の中に出てくる言葉です。

 

 

  伸び伸びと生きろ。

  欠点は周囲の人の才能に

  助けてもらえばいい。

 

 

ということで、みなさん助けてください(笑)

というより、助けてもらっています。

直接、間接、多くの人の力で、私は生かされています。

 

私も人の力になれるように、

子どもたちの力になれるように、

自分をさらに磨きます。

お問い合わせ

下記の各項目へのご記入をお願い致します。

お子様のお名前
ふりがな
性別
学校名
学年
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

ご要望

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。