7月4日

7月4日

公開日:2016/08/19

Independence-Day-Resurgence-e1468402243328 (2)

 

志学ラボは、2016年7月4日に開塾しました。

今回は、この開塾日とも関係がある映画について書きます。

 

・・・

 

8月17日、映画

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」

を映画館で観ました。

 

この映画は、20年前に上映された

「インデペンデンス・デイ」の続編です。

 

前作が上映されたとき、私は高校1年生でした。

20年前も、映画館で観ました。

 

今回、新作を観るにあたって、

前作のDVDを借りて観て、

それから映画館に行きました。

 

以下、前作と新作の簡単なストーリーです。

 

 

■前作

 

1996年、エイリアンが地球に攻めてきた。

エイリアンとの決戦の日は、7月4日。

この日は、アメリカの独立記念日。

(この「独立の日」が映画のタイトルになっている)

 

アメリカ大統領は、この日を、

単なるアメリカ独立記念日ではなく、

人類の独立記念日にしようと演説する。

 

そして、人類は勝利する。

 

 

■新作

 

前作から20年後の2016年。

この20年、人類は戦争をせずに過ごしてきた。

そして、再び、エイリアンが地球に襲来する・・・

 

 

■映画を観ての感想

 

20年前の前作で、

人類は「共通の目的」のために結ばれました。

 

それは、エイリアンと戦うこと、

あるいは、人類が生き残るという目的でした。

 

「共通の目的」とは、「違い」を超えたところにあります。

人種、宗教、言語、国籍・・・

 

人類の半数が死んでしまう戦いによって、

人類は「違い」を超えることができました。

 

映画では、前作から新作までの20年間、

戦争がなかったといいます。

 

この現実世界では、

エイリアンが地球に攻めてくることはないでしょう。

 

それでは、どのような「共通の目的」を

人類は持つことができるだろうかと考えました。

 

世界平和、共存共栄、地球環境の改善・・・

 

こうした共通の目的を考えることはできます。

しかし、こうしたものは、

現実問題として、共通の目的になりえるでしょうか?

 

現在の世界を見渡したならば、答えは「Nо」です。

 

これを「Yes」にするために、

違いを超えるために、私たちに必要なものがあります。

 

「 成長 」

 

この成長を可能にするのが

 

「 教育 」

 

そして、教育とは時間のかかるものです。

 

私は信じています。

100年前、1000年前よりも、人類は成長していると。

 

また、私は信じています。

100年後、1000年後、人類は今よりも成長していると。

 

 

7月4日は、志学ラボの開塾の日でもあります。

なぜ、この日を開塾の日にしたのか。

20年前に、「インデペンデンス・デイ」を

観た影響は確実にあります。

 

私の一歩は小さいが、

人類にとっては偉大な一歩である。

 

そのような気持ちで、

子どもたちの成長に関わっていきます。

お問い合わせ

下記の各項目へのご記入をお願い致します。

お子様のお名前
ふりがな
性別
学校名
学年
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

ご要望

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。