親の本気を見せましょう

親の本気を見せましょう

公開日:2018/10/17

塾生の親御さんから、よくこんな言葉を聞きます。

 

「ゲーム時間のルールを

決めても守らないので、

ガミガミ言ってしまいます」

 

私は、子どもが約束を破っても、

怒る必要はないと伝えています。

 

ただし、親の側に、

「工夫」「本気」が必要です。

 

「工夫」とは、

子どもが約束を守れなかったときの

ルールも決めることです。

 

「本気」とは、

そのルールを親が実行することです。

 

 

(例)

①ゲームは、1日に1時間まで

②約束を守れなかったときは、ゲーム機を捨てる

 

①の約束を守るのは子どもです。

②の約束を守るのは親です。

 

 

お子さんと約束をするときは、

親の本気が試されるときです。

 

親の本気を見せましょう。

約束という言葉の重みを伝えましょう。

お問い合わせ

下記の各項目へのご記入をお願い致します。

お子様のお名前
ふりがな
性別
学校名
学年
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

ご要望

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。